火花 あらすじ 1話 - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

火花 あらすじ 1話

火花 あらすじ 1話

又吉直樹の芥川賞受賞作を林遣都、波岡一喜が若手芸人に扮し映像化

「火花」2月26日(日)放送スタートです。

物語は、若手芸人の苦悩と葛藤に満ちた10年間の軌跡を描く青春ドラマ。

最新のあらすじが、公開されました。

火花 あらすじ 1話は、下記の内容となります。

2001年夏。

売れないお笑いコンビ・スパークスの徳永(林遣都)は営業先の静岡・熱海で漫才コンビを組む先輩芸人・神谷(波岡一喜)と出会う。

観客に「地獄」と連呼する激烈な漫才を披露する神谷の姿に徳永は魅了される。

仕事の後、徳永は共に居酒屋を訪れた神谷に「弟子にしてください」と申し出る。

神谷は自分の伝記を書くことを条件にその願いを受け入れる。

その日から、徳永は神谷との日々を書きつづることになる。

以上が、火花 あらすじ 1話の紹介でした。

「火花」の放送は、NHK総合にて 毎週日曜 23:00〜23:45 です。

又吉直樹さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。