相棒season15 あらすじ 17話 - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒season15 あらすじ 17話

相棒season15 あらすじ 17話

水谷豊が天才警部に扮する人気シリーズ「相棒season15」

反町隆史演じる相棒・亘が警視庁に!!

3月1日(水)は、17話目の放送となります。

「劇場版IV」への布石となる不可解な籠城事件の真相とは!?

相棒season15 あらすじ 17話の紹介です。

動画クリエーターの中鴨(尾上寛之)がインターネットに上げた動画が話題に。

‘ラストワーク’というその動画には、拳銃で脅され泣きながらステーキを食べる男が映っていた。

右京(水谷豊)らは動画がフィクションか事件かを見極めるため、中鴨の行方を追う。

やがて動画の男がホームレスの大屋(渡辺哲)と分かる。中鴨は続編を次々とアップ。

右京は彼がライブ配信に選んだ場所にある秘密が隠されていることに気付く。

以上が、相棒season15 あらすじ 17話の紹介でした。

「相棒season15」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00〜21:54 です。

水谷豊さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。