東京タラレバ娘 あらすじ 7話 - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

東京タラレバ娘 あらすじ 7話

東京タラレバ娘 あらすじ 7話

吉高由里子さん 主演 ドラマ 「東京タラレバ娘」

3月1日(水)は、7話目の放送となります。

物語は、恋に仕事に奮闘するアラサー女性の生態をコミカルに描く

最新のあらすじが、公開されました。

東京タラレバ娘 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

早坂(鈴木亮平)から頼まれて彼の故郷である静岡・北伊豆町の町おこしPRドラマの脚本を書いた倫子(吉高由里子)は、その撮影の見学に香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と3人で行く。

わずか5分のドラマで気乗りしなかった倫子。

だが、北伊豆町で早坂の恩師である観光協会の田口(田山涼成)らから大歓迎され、町の魅力をインターネットで誰かに届けたいという彼らの熱意を感じ取った倫子は、ダサい仕事だと思っていた自分を恥じる。

以上が、東京タラレバ娘 あらすじ 7話の紹介でした。

「東京タラレバ娘」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00〜23:00 です。

吉高由里子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。