科捜研の女 あらすじ 16話 - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

科捜研の女 あらすじ 16話

科捜研の女 あらすじ 16話

沢口靖子さん 主演 ドラマ 「科捜研の女」

衝撃的なシーンが登場する第16シーズンが始動!!

3月2日(木)は、16話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

科捜研の女 あらすじ 16話の紹介です。

マリコ(沢口靖子)らはデザイナーの麻未(篠原真衣)が絞殺体で見つかった河川敷に出動。

凶器はスカーフで、切れたネックレスの黒真珠も落ちていた。マリコは移動で路線バスに乗車。

しかし、発車直後にバスは猟銃を持った男(林泰文)にジャックされる。

男が乗客の荷物を回収中に、黒真珠が床に転がる。

マリコはバス内の6人の中に麻未を殺した犯人がいると確信する。

以上が、科捜研の女 あらすじ 16話の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00〜20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。