カルテット あらすじ 8話 - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

カルテット あらすじ 8話

カルテット あらすじ 8話

松たか子さん 主演 火曜ドラマ「カルテット」

3月7日(火)は、8話目の放送となります。

物語は、人生に行き詰まった30代男女4人が繰り広げる大人のラブ・サスペンス・コメディ!

最新のあらすじが、公開されました。

カルテット あらすじ 8話は、下記の内容となります。

幹生(宮藤官九郎)との一件が決着し、真紀(松たか子)は鏡子(もたいまさこ)とようやく和解した。

鏡子は別荘で4人と夕食を味わい、その後、笑顔で真紀と別れる。

諭高(高橋一生)は司(松田龍平)に、幹生と離婚して独り身になった真紀にアタックするようけしかける。

一方、別荘などを多く扱う不動産業者で面接を受け、アルバイトを始めたすずめ(満島ひかり)は、司への思いを封じ込めて、真紀と司の仲を進展させようとあれこれ手を回す。

以上が、カルテット あらすじ 8話の紹介でした。

火曜ドラマ「カルテット」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00〜22:54 です。

松たか子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。