カルテット あらすじ 9話 - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

カルテット あらすじ 9話

カルテット あらすじ 9話

松たか子さん 主演 火曜ドラマ「カルテット」

3月14日(火)は、9話目の放送となります。

物語は、人生に行き詰まった30代男女4人が繰り広げる大人のラブ・サスペンス・コメディ!

最新のあらすじが、公開されました。

カルテット あらすじ 9話は、下記の内容となります。

鏡子(もたいまさこ)は警察官・大菅(大倉孝二)から、真紀(松たか子)の秘密を聞く。

真紀の本名は「彰子」。

10歳の頃、事故で母を亡くした彰子は、母の再婚相手だった義父と暮らす中で、日常的に暴力を受ける。

その後、「真紀」という女性の戸籍を購入して失踪。

義父はほぼ同時期に心不全で死亡しており、警察はある疑いを抱いていた。

一方、別荘が売りに出されることを真紀や諭高(高橋一生)たちに知られた司(松田龍平)は・・・。

以上が、カルテット あらすじ 9話の紹介でした。

火曜ドラマ「カルテット」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00〜22:54 です。

松たか子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。