カルテット あらすじ 最終回 - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

カルテット あらすじ 最終回

カルテット あらすじ 最終回

松たか子さん 主演 火曜ドラマ「カルテット」

3月21日(火)は、最終回の放送となります。

物語は、人生に行き詰まった30代男女4人が繰り広げる大人のラブ・サスペンス・コメディ!

最新のあらすじが、公開されました。

カルテット あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

真紀(松たか子)はカルテットのメンバーの元へは戻らず、一人で仕事を始めていた。

その真紀の帰りを待ちながら別荘で音楽を続ける司(松田龍平)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)の3人はどこか落ち着かない日々を過ごす。

そんなある日、司たち3人は、取材に来た記者から写真を見せられる。

そこには、見知らぬ男性と歩く現在の真紀が写っていた。

笑顔の写真を見た司たちは動揺するが、もう一度、真紀に会いに行くことを決意する。

以上が、カルテット あらすじ 最終回の紹介でした。

火曜ドラマ「カルテット」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00〜22:54 です。

松たか子さん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。