月曜名作劇場 追悼 渡瀬恒彦さんを偲ぶ 十津川警部シリーズ あらすじ - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

月曜名作劇場 追悼 渡瀬恒彦さんを偲ぶ 十津川警部シリーズ あらすじ

月曜名作劇場 追悼 渡瀬恒彦さんを偲ぶ 十津川警部シリーズ あらすじ

連続ドラマの最終回が相次ぐ中、今回はスペシャルドラマの紹介です。

渡瀬恒彦さんの代表作「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ」から「九州ひなの国殺人ルート」

放送は3月27日(月) 20時00分〜22時54分です。

主演は渡瀬恒彦さん。

月曜名作劇場 追悼 渡瀬恒彦さんを偲ぶ 十津川警部シリーズ あらすじの紹介です。

最高傑作と名高いシリーズ42作目「九州ひなの国殺人ルート」!

十津川警部(渡瀬恒彦)と亀井刑事(伊東四朗)はフリーライターの岩村妙子(藤谷美紀)の取材を受けることになったつかの間、殺人事件発生の報を受け、現場に向かう。

全裸で殺されていた女の太股に彫られた刺青が手がかりとなり、十津川は女がイヴ(野間れい)というコールガールだということと、彼女が大分県日田(ひた)市の出身だということを突き止めた。

がらんとしたイヴの部屋に残されたひな人形が一体残されていた。

九州・大分県日田市へ向かった十津川と亀井。

なぜか地元警察の野崎警部補(的場浩司)は重い。

だが野崎は亀井に促され、イヴは日田市出身の大物政治家・首尾木大造(西岡徳馬)の次女、咲子ではないかと語るのだった。

そんな中、日田は一年で最も賑わう日田祇園祭を迎えようとしていた・・・。

以上が、月曜名作劇場 追悼 渡瀬恒彦さんを偲ぶ 十津川警部シリーズ あらすじの紹介でした。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。