おんな城主 直虎 あらすじ 13話 - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

おんな城主 直虎 あらすじ 13話

おんな城主 直虎 あらすじ 13話

柴咲コウさん 主演 NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」

4月2日(日)は、13話目の放送となります。

物語は、戦国の世を生き抜いた“おんな城主”の数奇な運命を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

おんな城主 直虎 あらすじ 13話の紹介です。

井伊家の領主として名乗りを上げた井伊直虎(柴咲コウ)。

幼い虎松(寺田心)が元服するまでの間、後見として国を治めることを宣言するが、家臣たちは反発する。

虎松の母・しの(貫地谷しほり)も直虎の勝手なふるまいを認めようとしない。

ある日、領主が代替わりしたことを聞きつけた瀬戸村の百姓・甚兵衛(山本學)が直虎のもとを訪れ、借金の棒引きを意味する「徳政令」の発布を求める。

以上が、おんな城主 直虎 あらすじ 13話の紹介でした。

「おんな城主 直虎」の放送は、NHK総合にて、毎週日曜 20:00〜20:45 です。

柴咲コウさん ファンの方は、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。