土曜ワイド劇場 監察官・羽生宗一〜毒ハブと呼ばれる男! あらすじ - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

土曜ワイド劇場 監察官・羽生宗一〜毒ハブと呼ばれる男! あらすじ

土曜ワイド劇場 監察官・羽生宗一〜毒ハブと呼ばれる男! あらすじ

連続ドラマの最終回が相次ぐ中、今回はスペシャルドラマの紹介です。

殺人容疑の交番巡査が拳銃自殺!?

誤認逮捕を仕掛けた美人看護師!

放送は4月1日(土) 22時00分〜24時06分です。

主演は、中村梅雀さん。

土曜ワイド劇場 監察官・羽生宗一〜毒ハブと呼ばれる男! あらすじの紹介です。

墨田西署管内で、制服警察官の拳銃自殺事件が発生、一報を受けたデスクの戸川(戸田恵子)に送り出され、羽生監察官(中村梅雀)と上原監察官補佐(渡辺大)が、所轄署に乗り込んだ。

自殺したのは磯野浩一(中林大樹)、29歳。勤務態度は真面目だったとのことだが、死んでいたのは神山綾香(仲村瑠璃亜)という舞台女優のアパートだった。

羽生は綾香の所在を確認してみるものの、その行方は分からない。

だが翌日、その綾香が所轄内の廃倉庫で絞殺死体で発見される。

殺人事件として、墨田西署に捜査本部が立ち、橋爪管理官(春田純一)以下、南原(中本賢)ら捜査一課が乗り込んで来る。

遺体には髪の毛が付着しており、鑑定の結果、自殺した磯野巡査長のものと判明。

橋爪は、磯野が綾香を絞殺の上、拳銃自殺したものと睨む。

だが、羽生と上原が二人の関係を探るものの、何も出てこない。

腑に落ちない羽生が、生前、磯野がよく訪ねていたという添田病院に聞き込みに行ってみると、そこで横川結衣(宮本真希)という看護師に出会う。

羽生には、覚えのある女性だった。

実は、磯野巡査長の父である磯野光男と羽生、橋爪は警察学校の同期生だった。

三人揃って一課に勤めた時期もあったが、10年前、磯野はある殺人事件で誤認逮捕を犯し、今は交番勤務の身の上だった。

その事件で、事件を覆すある重要な証言をしたのが、結衣だったのだ。

羽生は、この事件が単なる殺人事件ではないことを予感する・・・。

土曜ワイド劇場 監察官・羽生宗一〜毒ハブと呼ばれる男! あらすじの紹介でした。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。