テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画 破獄 あらすじ - 2017 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画 破獄 あらすじ

テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画 破獄 あらすじ

連続ドラマの最終回が相次ぐ中、今回はスペシャルドラマの紹介です。

ビートたけし3年ぶり主演ドラマ!

対する山田孝之ほか満島ひかり、吉田羊、橋爪功等のキャストで送る壮絶な人間ドラマ!

完全無欠の看守と史上最悪の脱獄犯の闘いの結末は・・・!?

放送は4月12日(水)21時00分〜23時18分です。

主演は、ビートたけしさん、山田孝之さんの豪華キャスト!!

テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画 破獄 あらすじの紹介です。

昭和17年。

小菅刑務所の看守部長・浦田進(ビートたけし)がかつて担当した無期懲役囚・佐久間清太郎(山田孝之)が、秋田で脱獄したとの情報が入る。

浦田だけには従順だったが青森でも破獄した危険人物だ。

ところが3カ月後、浦田の前に佐久間が現れ横暴な秋田の看守を訴えて欲しいと言い出す。

しかし浦田は通報し、佐久間は網走刑務所へ収監される。

浦田もまた網走の看守長として転任が決まり・・・

こうして二人の闘いが始まった。

以上が、テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画 破獄 あらすじの紹介でした。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。